商品の紹介

インドの新しい花嫁が赤くなるのはなぜですか?


同様に、インドや中国の見事な新婦が赤いベールを点滅させたり、通路をスカートで覆ったりするのを見たことがあるでしょう。現代の新しい花嫁が習慣で遊び始めるまで、インドの新しい花嫁は実際に何世紀にもわたって彼らの結婚式のイベントイベントにサフランレッドを着ていました。

あなたがインドの花嫁であるか、単に習慣に興味があるかどうかにかかわらず、花嫁は、習慣の始まり、それが示唆すること、そして現代の新しい花嫁がどのようにできるかについて、sis Niki、Ritika Shamdasani開発者、Saniの創設者と話しました彼らが選択した場合、練習でブレーキをかけます。

プロフェッショナルを充実させる
レッドブライダルレヘンガのよくある質問。
赤い結婚式のレヘンガを着る必要がありますか?
そのニュートラルな色合いは、典型的な西洋の白い結婚式のイベントドレスに敬意を表していますが、最近、オレンジだけでなく、子供用のピンクもたくさん見られます。今日着用することを選択したインドの花嫁の日陰は、パーソナライズされたものではなく、独自性を明らかにすることに関するものであるため、練習で損傷することは本当に無料です!

エメラルドグリーン環境にやさしい。
インドの新婦にとって2番目に好まれる色合いであるこの国の貴族は、実際には伝統的に出産のしるしとして自然な色を夜明けさせ、さらに従来のゴールドファッションジュエリーとの相性も抜群です。

絶対につけてはいけない色合いはありますか?
ニキが言ったように、本当にどんな種類の規制もありません。白はインドの葬儀に使われる日陰であるため、訪問者としても新しい花嫁としても遠ざけることをお勧めします。

フスキア。
Fuschiaは、練習から離れたいという欲求を身に着けている場合、インドの肌のブレンドされたタッチで一般的に美しいように見える理想的な色です。それは、はるかに注目に値する外観を望む花嫁になるための楽しく活気のある色です。

赤を私の服に統合する他のいくつかの手段は何ですか?
あなたが単にあなたの色合いではない赤を選択したが、それでも習慣を認識したいのであれば、インドの結婚式のデバイスの過多は無限の選択肢を提供します。多くのお客様が赤いレヘンガを着用していますが、単に赤いドゥパッタ、貴重なジュエリー、またはブレスレットを使用しているとニキは言います。花嫁になる人が単に赤い靴を使うときも、私は楽しんでいます、とRitikaは述べています。

スパークリングワイン。
ゴールドのファッションジュエリーと相性の良いニュートラルな外観のスパークリングワインは、柔軟な色です。大きな外観が必要な場合は、金で大きく縫い付けられたものを入手するか、貴重なジュエリーを再生するか、またはその両方を行うことができます。

レッドブライダルレヘンガの背景と定義
これらすべての色合いの中で、赤が最も目立ちます。多くのスピリチュアルなイベントの主要な色合いである赤は、インド社会で好意的な色合いを選択しています。
私たちの社会では、それは成功だけでなく、きれいなスレート、熱意、そして成功を示唆しています。赤はさらにヒンドゥーのサイレンドゥルガーを表しており、きれいなスレートと女性らしい力を表しています。

ブラッシャーピンク。
より若々しい花嫁は、帝国の色よりも明るいパステルの方向に動いて、さらに元気な外観になっています。また、髪の毛に赤いバラのアクセントを付けてカラーブロックすると、色がゴージャスに見えます。

訪問者はさらに赤を着ることができますか?
白を使用するのではなく、西洋の結婚式のイベントの訪問者の多くが確かに提案されるのと同じように、インドの結婚式のお祝いの訪問者の大多数は赤から離れていなければなりません。シャムダサニ兄弟は、インド人の花嫁が赤を着ることを決心することが少なくなっているため、線がかなり不明瞭になっていることを確認しています。私たちは結婚式のイベントに行くときに新しい花嫁がもはや使用している色合いを理解していません、とRitikaは述べています。

常に有利な色合いである赤は、紀元前3千年紀にインドの僧侶やアンカライトによって最初に着用されましたが、16世紀初頭のムガル帝国時代まで新しい花嫁によって着用されませんでした。多くのお客様が赤いレヘンガを着用していますが、赤いデュパッタ、ファッションジュエリー、ブレスレットを身に着けているだけです、とニキは言います。西洋の結婚式のお祝いの多くの訪問者が白を使用するのではなく確かに奨励されるのと同じように、インドの結婚式のイベントの多くの訪問者は赤から離れるべきです。 Shamdasani sisは、インドの花嫁が赤を使用することを決定することが少なくなっているため、線が大幅に不明瞭になっていることを確認しています。

常に有利な色合いである赤は、紀元前3千年紀にインドの僧侶やアンカライトによって最初に着用されましたが、16世紀初頭のムガル帝国時代まで花嫁になる人によって着用されませんでした。男性よりも女性の方がはるかに大きな調整なので、彼女が最も関心を調整し、真新しい生活を意味する赤のような鮮やかな色合いを身に付けるのが理想的です。

私のファンクションドレスも赤にする必要がありますか?
一方、新婦の大多数は、機能的な服装のために赤から離れる傾向があります。これは、あなたが望む限り、あなたの個性を表現するチャンスです。多くの花嫁は、その機能のためにニュートラルな色合いまたは深い帝国の色合いを選びます、とニキは主張します。もはやいかなる種類のポリシーもありません。また、赤は、お客様に見られる最も好ましい機能シェードの1つではないことは間違いありません。

現代の新しい花嫁が練習で遊び始めるまで、インドの花嫁になる人たちは実際に何世紀にもわたって彼らの結婚式のイベントイベントにサフランレッドを着ていました。

訪問者としてインドの結婚式のイベントに何を着るか。
赤い結婚式の外観の代替。
巨大な金の針細工が染み込んだ赤いレヘンガと、頭にカーテンで覆われた床の長さのシュラウドが相まって、従来型ですが、現代の花嫁と創造性のためにステータスが変わりつつあります。以下は、赤が合わない場合に通路の下で使用する他のさまざまな色合いです。」

NikiとRitikaShamdasaniは、スタイルタグSaniの背後にいる兄弟デュオです。これは、彼らのインドの遺産とアメリカのトレーニングの兆候です。彼らのタグは、結婚式のレヘンガから爆撃機のコートまで、さまざまな東洋から西洋の服で構成されており、ノースカロライナ州だけでなく、インドのデリーにも拠点を置いています。

ウエディングドレス

ウェディング ドレス 安い

ウエディングドレス

結婚 式 パンツ ドレス 20 代

ウエディングドレス

結婚 式 パンツ

ウエディングドレス

冬 結婚 式 ドレス

ウエディングドレス

オケー ジョン ドレス

ウエディングドレス

結婚 式 服装 女性 20 代

ウエディングドレス

ドレス ローブ

ウエディングドレス

todayful ワンピース

ウエディングドレス

オーダー ドレス

ウエディングドレス

ウェディングドレス

ウエディングドレス

新婦 母 ドレス

ウエディングドレス

黒 の ウエディング ドレス

ウエディングドレス

ウエディング ドレス